お題スロット「かき氷」 忌み嫌っていたみるく味

お題「かき氷」

 

初めてお題スロットなるものを活用しました。

テーマは・・・

 

「かき氷」!!

なんでいまこのタイミングで。

 

 

かき氷と聞いて思いだしたこと。

ある年の夏休みのある日。

当時実家に住んでいた私は、親から「どこに行くの」と理由を聞かれるのが苦手で、引きこもっていました。しかし、勇気を振り絞って、「部屋は暑いから電車の中で読書する」という計画を実行すべく、家を出ました。案の定「どこに行くの」と聞かれましたが、何と答えたのか覚えておりません。

さて電車に飛び乗り数時間揺られながら、涼しい車内で読書。

そうだ江の島に行こう。

そうだかき氷食べよう。

と思い立ちました。多分携帯かなんかで調べてたどり着いたのが

鵠沼海岸駅

鵠とは「白鳥」のことらしいです。

駅から歩いて数分。

たどり着いたのは、一見すると普通の一軒家ですが、玄関横のテラスでお客さんがかき氷食していました。

で、すんなり私もテラスに案内されたわけですが、メニュー見てびっくり。

800円もするねんや!

まあでもいいや、と頼んだのが普段食べない、むしろ忌み嫌っている「みるく味」。

 

そして届きました。

f:id:brkth5506:20160916192448j:plain

 

でか!とまずスケールにびっくり(伝わらない写真ですいません。)

そしてパクリ。

はあああ!ふわっふわのこおり!

そしてみるくを足すと・・・!!

しつこくない甘さでした。手作りらしい・・・

そして私が食べている間に行列が形成されていました。

ゆっくり堪能したい思いと、申し訳なさとの間で揺れましたが、

ゆっくり一口一口味わって頂きました。すいません。

800円も大満足のかき氷。

江の島をめぐる一人旅の始まりでした。

 

 

 

<追記>

後ほど調べてみたら、案の定有名店、なんと本も出している!

埜庵 kohori-noan

www.amazon.co.jp

 

埜庵さん、ごちそうさまでした。また行きたいなあ。